フリーランスに対するイメージと実情

フリーランスは、一般企業に勤める会社員よりも多くの収入を得ているイメージを持たれていることが多いです。その原因は、会社を通さずに自ら仕事を探すことによって、働いて発生した利益がそのまま自分の給与に反映されるからです。フリーランスにはそういったメリットがありますが、独立したての頃は、中々仕事が見つからずに会社員だった頃と比べると収入が大きく減ることも多いです。また、請け負った仕事は、いつ契約が切られるかわからないので、安定した収入を得続ける為には常に努力をし続けなければなりません。

不安定な収入な為、フリーランスと結婚をしようとする人は少ないようです。結婚したいのであれば、仕事が無い期間があっても生活に支障が出ないような収入を日頃から得ていることが大切でしょう。年収600万円でも、一ヶ月間丸々仕事が無い場合もあります。しかし、結果的に年収600万円という安定した収入を得ているので、結婚しても生活に支障はきたしません。独立してすぐの頃は、一般的なイメージとのギャップに苦悩してしまい、会社員に戻ってしまう場合もあります。安定した収入を得ていると言えるようになるまでには、3年以上仕事が絶えずに安定してできていなければなりません。将来のことを考えるのであれば、若い内に経験を積んで、自ら仕事を探さなくても、仕事が舞い込んでくるようにスキルを磨くことが大切です。配偶者を養っていくことを考えて、努力を続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です