フリーランスの結婚はよいきっかけを生む

フリーランスで働く人のメリット、それは自由に仕事を受注することができて、自分のペースで仕事を進めることができるということが1つあげられます。しかし、それは反対に仕事の発注がなければそれが即、収入減につながってしまうという状態を招きます。 結婚をするということは、これまでのひとりの自由な生活とは一変し、生活や時間の縛りが出てきます。また相手との生活スタイルを維持するため、二人分の生活費を賄うために更なる収入向上に向けた努力が必要になるでしょう。またその後、様々な人生の節目が訪れると思います。その代表的な例として、出産して子供ができることが挙げられます。 調整すれば比較的自由な時間を作り出せるフリーランスなので、育児に積極的に参加することも可能です。子供の成長する過程を間近で感じ、一緒に楽しむことができるのも、この仕事で働いてよかったと思える瞬間です。反対に、子供が成長するに伴い養育のための費用は必要ですし、自分たちが高齢になった時のための生活費を今のうちに貯蓄しておく必要もあります。今働いている会社を辞め、独立してフリーで働く人は増加傾向にありますが、様々な理由をふまえて結婚の際に自分の働き方を考える人は多いです。しかしそこを契機として、さらに営業をし、新しい仕事の獲得などに励み、収入や経験を増やす人も多いようです。このように、フリーランスで結婚を考えることは、これから先のキャリアアップの良い契機になることもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です